サングラスしてポーズとってるビックラム

乗り物グループ 菊池

まこせんせいへ

サニーとピクラムの移動はどこまでの範囲を教えたらいいのでしょうか。

例 関空→関西大学ミューズキャンパス など

 

ガイドブックを作る上で大事なこと

どうしたら、ビクラムたちに分かりやすく伝えることができる、という質問がありました。

これは、とても大切な質問です。私たちが当たり前につかっている言葉も、彼らにとっては分からないことがたくさんあります。

彼らの生活で使われている言葉をしっかり聞いて、相手が分かりやすい言葉で説明するようにしよう!

彼らの生活で使われる言葉を知るためには、彼らの生活をしらないとね!

動物との接し方

インドでは、動物に対する考え方が日本と違うと思いました。(たぶんね)。たとえば、ごきぶりが出た時、手でとったり、紙でひろったりして、外に逃がしていました。蚊がいても、払うだけでした。牛だけじゃなくて、虫も大事にしていたと思います。ヒンドゥー教とか仏教と関連しているかもしれませんが、そのあたり是非調べてみてください。もし、ビクラムたちが動物を大事にするのに、私たちが蚊をつぶしたりするとショックをうけるかもしれないので、動物に対する考え方なども知っておくといいと思います。

どうしたらサニーさんとピクラムさんに分かりやすく伝えられるのか

寿司のレシピ

僕は、寿司のレシピを紹介したいです。なぜなら、普通のお寿司屋さんは一かんで100円以上するので、作った方がいいと思います。

お寿司を紹介しようと思った理由は、ビクラムさんたちは、お肉をたべれないので、お肉を使わない食べ物といったらお寿司だと思った。

材料:酢、白ご飯、魚(生)、たまご

作り方:
①酢と白ご飯をまぜて、酢飯をつくります。
②形を整える。お寿司の形にする。
③生魚をおく。

 

水道は家の中と外にある

村の方では、水道が家の中にないことがあります。家のそとにポンプ式の井戸があって、みんな一緒に使います。ビクラムたちが住んでいる二ランジャナスクールも部屋の中に水道があるのではなくて、外にありました。そのため、水をつかうときはじゃぶじゃぶとばしながら使います。洗面台の使い方教えてあげるといいかもしれません!

村の台所

これは、村の台所です。日本とだいぶ違うよね。インドの村のほうでは、わらで火をおこします。火がつきにくいときは、牛の糞と藁をまぜあわせたゴーバル(だったかな?)を着火剤にして使っていたよ。日本で台所を使う時、気をつけないといけないことがたくさんあります。火の付けかた、水道のつかいかた、洗い方、お湯の出し方などなど。

 

京都外国語大学の学生たちのブログ紹介

まこです。

スジャータ村や二ランジャナスクールのことについて京都外国語大学の学生がまとめたブログを紹介します。情報収集する際に参考にしてください。

http://ict-education.org/india/

挨拶グループ

まこ先生質問があります。

質問内容を決めました。その中で、わからないことがあります。

サニーとピクラムの住んでいる所で、言ってはいけない言葉はありますか?

そのことを知りたいメンバーがいます。

お願いします。