三島高校のカンボジア図書活動参加★

三島高校で打ち合わせに行ってきました★関大生グループJ-CaJaと三島高校の連携が始まり、カンボジアの小学校図書プロジェクトが新しい形でスタートしました!FiLCもコーディネートをサポートさせて頂きます(*^_^*)
1/12のイベントでは、三島高校xJ-CaJaも発表します!是非皆さんご参加下さい♪
———————————

芥川高校×関西大学×京都外国語大学
地域連携による海外ボランティア学習交流会
「私たちにもできる海外ボランティア」

海外で何かしたい人、活動している人へ
私たちが出来る国際協力について一緒に考えてみませんか
ボランティアの形は様々です。
現地で不足する学習教材を作成する
現地の少数民族の状況について日本社会で伝える
現地の人と笑いあい、楽しみを与える
…そんな取り組みを行っている小学生・高校生・大学生が活動について発表を行い
皆さんとともに交流を行いたいと思います。

色んな世代の方が集まり、話し合う場にしていきたいと思います。
是非ご参加下さい。

–イベント詳細—————————————
本交流会の目的は、私たち市民ができる国際協力について共に考えることです。国際協力というと、政府関係者や一部の専門家だけしか取り組むことができないと思いがちです。しかし、私たち市民にもできることはたくさんあります。そこで、本交流会では、児童・生徒が国内外のNGO/NPOと連携して取り組む海外ボランティアの活動として、関西大学が取り組むカンボジアでの図書館教育支援プロジェクト、京都外国語大学と関西大学初等部が現地NGOと連携して取り組む村落の小学校支援の経験や、芥川高等学校が取り組むバングラデシュの少数民族の文化支援活動を事例として紹介します。
交流会では、まず、関西大学、京都外国語大学と関大初等部、芥川高等学校がそれぞれの取り組みについて報告をします。その後、参加者と私たちにできる海外ボランティアについて意見交換します。
会場には、活動に関する写真や成果物としての教材、高校生が取り組んだ調べ学習のまとめとしてのポスターなどを展示します。
本交流会は、高校生や大学生、また社会人など一般の方を対象としています。多様な考えを持った人が集まり、交流することで、一緒にアジアの社会について理解を深めていきたいと思います。また、身近な海外ボランティアの事例を知ることで、一人一人が国際協力に関われる可能性を考えたいと思います。

◇開催日時:2013年1月12日(土) 13時00分〜15時10分
◇会場:高槻市文化会館(高槻現代劇場)305号室
◇主催: NPO法人学習創造フォーラム
◇参加:芥川高等学校、関西大学、京都外国語大学、関西大学初等部
◇後援:財団法人公文国際奨学財団、公益財団法人キリン福祉財団

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>